深瀬昌久アーカイブス(MFA)とのコラボレーション

 

写真好きの方の間で深瀬昌久の代表作といって真っ先に思いつくのは、おそらく「烏」だろうと思います。パートナーと心はぐれて、ひとり北へと向かう道中、出会った被写体が嫌われ者のカラスでした。寂しい。悲しい。そんなイメージが漂っている孤独な印象の強い作品たちです。それに対して「サスケ」はまるで正反対。想起される言葉といえば、愛情。あたたかさ。可愛さ。などなど。 これについては、MFAのトモ・コスガさんの『MASAHISA FUKASE』(赤々舎, 2018)で「サスケ」と「烏」を比較した面白い洞察があります。詳しくはぜひお手に取ってお読みいただきたいのですが、それによれば「烏」も「サスケ」も深瀬さん自身を投影したものだということなのです。 前置きが長くなりました。

 さて、翻ってこの「サスケ」は、他の写真とは異なり、どこか「烏」に近いような印象を持った特異な作品です。逆光を利用してシルエットだけ写し取られたその姿には、「サスケ」がふと見せる凛とした強さも感じられます。馴れ合うだけではない、互いが自立した関係性であることでよいバランスが取れることもあります。それで「孤高」と名付けました。

 

 

品番:RA1-MUT002

名前:「孤高」

素材:Cotton 100%

生産地:日本

 

 

SASUKE - 孤高 -

¥13,750価格
Size
  •   着丈 肩幅 袖丈 バスト
    S 65.0 43.0 20.0 94.0
    M 68.0 45.0 21.0 98.0
    L 71.0 47.0 22.0 102.0
    XL 72.0 48.0 23.0 108.0

     

  • ・洗濯ネットを使用してください

    ・中性洗剤を使用してください

    ・プリント部分にはアイロンを当てないでください

    ・タンブラー乾燥は避けてください

    ・濡れたままの放置や、長時間の浸漬はしないでください